×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ハービックに関するQ&A

ハービックに関するQ&A

Q1. なぜいつも入荷が遅いのですか?

ハービックは製造上、萬古焼の職人さんによる手加工の部分が多数含まれています。
そのため、生産数に限りがありますのでご理解いただけますと幸いです。
また、素材に良質な材料(土)を使用しているため、材料の入荷状況により納期が遅れる場合もございます。

Q2.ハービックでエッセンシャルオイル(精油)を作ることはできますか?

ハービックは芳香蒸留水を作る目的で設計されております。
本来の目的以外で使用すると、思わぬ事故につながりますのでお止めください。
※ハーブの種類や蒸留の温度よっては蒸留水に若干の精油性が混入する場合もございます

Q3. ハーブ以外にも蒸留できますか?

基本的には水蒸気蒸留法で精油が採れる花やハーブであれば蒸留可能です。
また精油が採れない植物でも花や葉などに芳香成分が含まれている場合は芳香蒸留水が採れる場合があります。

【当園での蒸留例】
レモンティーツリー、ティーツリー、ブラックティーツリー、ラベンダー、ローズマリー、クロモジ、よもぎ、ローズ、桜(花)

Q4. 蒸留用のハーブはどれくらいの量が必要ですか?

ハーブの種類にもよりますが、フレッシュハーブでだいたい30g~40gの量が必要です。
いろいろ試してみてお好みの香りに調整してみてください。

【当園での蒸留例】
ラベンダー、ローズマリーなどのハーブ → 30~40g
ローズ(花)、桜(花)などの花びら    → 100g前後

Q5. 冷却に保冷剤を使ってもよいですか?

ハービックの冷却槽は氷が溶ける事により、冷却ドーム全体を均一に冷却しています。
保冷剤を使うと槽内を均一に冷却できず、ドームが温度差で破損する原因にもなりますのでお止めください。

Q6. ガスコンロ(直火)でも使用できますか?

ハービックはIH、直火の両方に対応していますので使用可能です。
直火で蒸留する場合は安全面に十分ご配慮の上、ご使用ください。

Q7. どのようなIH調理器具でも使用できますか?

市販されているほとんどのIH調理器具に対応しています。
ハービックの発熱プレートが直径約18cmですので、お使いのIH調理器具がこのサイズに対応しているかご確認ください。
また、ビルトインタイプのIHには火力が強いものもありますので、火力の調整ができるだけ弱い段階からはじめてください。

Q8. 目止めは必要ですか?

目止めには鍋(加熱槽)に染み込む汚れを若干抑え、また土の荒い目をふさぐ役割があります。
目止めをすることで細かなヒビをふさぎ、商品を永く愛用することが出来ますので、必ず目止めは実施してください。

Q9. 目止めはIHヒーターでもできますか?

IHヒーターを使用すると発熱プレートが熱を吸収して、加熱槽本体に熱が伝わりにくくなります。
どうしても発熱プレートを敷いてある部分の目止めができなくなりますので、目止めは直火で行ってください。